賃貸物件と物件購入はどちらがお得か

賃貸物件を探す中で、ふとしたことを疑問に思いました。
それは、賃貸物件と物件の購入はどちらが得なのか、ということです。
物件の購入には一軒家から集合住宅までいろいろありますが、賃料が高いところに長期間住むのなら、いっそのこと購入してしまった方が何かと便利ではないかということです。

そのことについて、参考になるサイトがありました。
このサイトでは不動産屋の経験に基づいた、賃貸物件と物件購入の比較について書いてありました。
だいたい、月15万くらいの賃料になると、購入を考えた方が良いようです。
月15万というと、かなり広い物件になるでしょう。
大きさにもよりますが、立地もなかなかいいのではないでしょうか。
一人暮らしのかたならば、大都市の高層マンション、もしくは家族向けのかなり広いマンションなどでしょう。

15万という数字は、ローンの月額との比較からきているようです。
ただし、大手企業などに勤めている方は、住宅手当などが支給されるので、15万の賃料だとしても、賃貸物件の方が得だということもあります。
また、転勤などの多い方は、購入はしない方がいいでしょう。
家族を住まわせて単身赴任と言う手もありますが、やはり賃貸の方が融通がきくでしょう。

また、購入をする際には、基本的にその場所に住み続けることになります。
ローンなどを考慮すれば、10年単位で済み続けることになるでしょう。
いずれにしても、購入の際には生活がある程度安定するまで待つ必要がありそうです。
しっかり準備をすれば、購入で多くのメリットを得られそうです。

このページのトップへ