賃貸物件と仲介手数料

賃貸物件を探していて、ふと思ったことは、仲介手数料のことです。
仲介手数料は、仲介という名前からして、賃貸物件の所有者と借主との間に入る業者が、手にするお金のことでしょう。そう考えると、貸主と直接交渉すれば、仲介手数料が浮くのではないかということです。

これが正しいかどうかを確認すべく、インターネットを検索していたところ、ちょうどいい情報が載っているサイトを見つけました。やはり、考えていた通り、仲介手数料を浮かすことはできるようです。
一般的に不動産屋と我々が呼んでいるのは、不動産仲介業者のことです。
賃貸物件の所有者、もしくは管理会社と借主との橋渡しをするのが仕事です。
仲介業者は仲介料を生業としているため、仲介手数料を無料にするようなことはまずないでしょう。
現実的な方法としては、仲介業者のうち、管理会社も兼ねているところに直接行くことです。
全国展開の不動産仲介業者と言うよりも、地域密着型の個人経営の不動産屋などに、この形態の企業が多いようです。

仲介手数料については賃貸物件ならば家賃1ヶ月分が仲介手数料の目安です。
学生の一人暮らしなどでは、結構な負担になるでしょう。
ですから、仲介手数料のかからない方法を選択するのは賢いでしょう。
不動産屋にとってこの仲介手数料は、主要な利益である反面、借主にとっては大きな負担であります。
この問題を解消するために、仲介手数料を安くする分、他のサービスで利益を上げるなどの工夫がなされています。