賃貸物件の契約とタイミング

賃貸物件を探す中で、賃貸物件の契約をするタイミングというものがあるでしょう。
借りる側から言えば、入居の何日前までなどといったタイミングです。
また、時期的なタイミングもあるでしょう。
年明けから3月いっぱいまでは、不動産屋は混雑するでしょうから、じっくりと物件を探すには向いてないなどといった事情もありそうです。

ただ、ここでふと思ったのが、貸す側、つまり不動産屋にとってのタイミングもあるのではないかと言うことです。貸す側にとって賃貸物件の契約に関して好ましいタイミングがあれば、そのタイミングを狙うことで借りる側にとってもメリットがあるのではないか、ということです。
このことに関して、ネット上でいろいろと検索をしていたら、良いサイトがみつかりました。

そのサイトによると、不動産屋では月締めの営業をしています。
加えて、不動産屋はいかに多くの契約を結び、仲介手数料を得るかが営業の最大の目的です。
したがって、不動産屋は、月末に特に契約を欲しがっている状態なのです。
そのタイミングを利用すれば、家賃などに関する交渉などが通りやすいという訳です。
もちろん、月末締めですので、ギリギリではなく、少し余裕を持って行った方が良いでしょう。

さらに、月末に行った上で、こちらが契約したいという意思を相手に伝えることが重要です。
良い物件があればすぐに決めようと思っています」などと言うのがいいでしょう。
そうすれば、下見の際により良いサービスを受けられるかもしれませんし、多少無理のある条件でも、それに沿った賃貸物件を提供してくれるかもしれません。