不動産屋と客の関係

賃貸物件を探す際、ほぼ間違いなく不動産屋を利用することになるでしょう。
不動産屋で賃貸物件を探す際には、こちらの求める物件の条件をなるべく詳しく伝えた方がいいと聞きます。
さらに、多少の無理を言った方が、良い物件を与えてくれるなどという噂もよく耳にします。

ただ、いくら客と従業員という関係であっても、礼儀と言うものがあるでしょう。
あまりに無理な条件を提示して、困らせるようなことは避けたいです。
このことに関して、興味深い意見を書いてあるサイトがありました。
そこでは、不動産屋から見た場合の困ったお客さんについて書いてありました。

当たり前のことですが、横柄な客や態度の悪い客は嫌がるようです。
また、ある程度不動産屋を信頼してくれた方が、不動産屋としても仕事がしやすいようです。
わざわざ悪い物件をつかませようとする不動産屋はないでしょうから、過度に相手を疑うようなことは避けた方が良いでしょう。

また、例えば内見をする際でも、「一応見ておきます」などと言った言い方をされると困るようです。
不動産屋は賃貸物件を客に紹介し、契約の際の手数料によって利益を得ています。
ですから、わざわざ内見までしているのに「一応」などと言われると、当たり前ですがやる気がなくなってしまうでしょう。

あちらも遊びでやっているのではなく、商売としてやっているのですから、客の方でも最低限の配慮というものをした方が良いでしょう。賃貸物件を探すのは、不動産屋と協力して行うことなので、接し方にある程度は気を使った方が良いでしょう。