不動産屋と大家さんの関係

賃貸物件を探す中で、賃貸物件の契約にどのような人が関わるのかを把握しておくのは大切でしょう。
まず大家さんがいるでしょう。
それから管理会社や不動産屋があります。
これらのものは、賃貸物件にかんしてどのように関わってくるのでしょうか。

まず、賃貸物件の持ち主は大家さんでしょう。
また、大家さんがいなくて直接管理会社が所有する賃貸物件もあります
そして、不動産屋は主に、大家さんと借主との橋渡し役でしょう。
実際、賃貸物件を探す際に、借りる側が最初に接するのが不動産屋です。

さて、ここで、例えば不動産屋と大家さんとの関係は、どのようなものになっているのでしょうか。
このことについてネットでいろいろと検索をしていたところ、耳寄りな情報が載ったサイトをみつけました。
そこでは、仲介手数料について、大家さんなどの賃貸物件の所有者と不動産屋との関係について書いてありました。不動産屋は、大家さんがもっている賃貸物件を紹介し、部屋を借りたい人を探すのを仕事としています。では、実際に契約が結ばれた際、どこから利益を得るのでしょう。それは仲介手数料です。

仲介手数料は家賃の一か月分ほどですから、数万円となるでしょう。
それを生業としているのが不動産屋なのです。
そこで、仲介手数料を安くする方法などもあるわけです。
例えば、賃貸物件の所有者と直接契約を結ぶなどすれば、仲介する者がいないので、当然ながら仲介手数料はかからないのです。
不動産屋の中でも、自ら賃貸物件を所有しているところなどは、仲介手数料がかかりません。